実録・風俗嬢の休日

s2

風俗業界で働く女性たちに、休日の過ごし方を聞いてみました。
『休日…っていうか、普段の日は学校ですね。学生なので。正直派手でもない まじめな学生なんで、生活パターンも面白くないほど普通ですよ(笑)。授業終わった後に友達と遊びに行ったり、ご飯食べにいったりとか。週末だけデリヘルやってるんで おこづかいに困ることはないですね。』(デリ20歳)
『休日は地元に帰ります。今住んでいるところから車で2時間ぐらいのところなので 朝早く実家に向かって、次の日の朝に帰ってくる感じで。おばあちゃんっこなんで 入院中のばあちゃんに会いに行くのが目的です。』(ホテヘル24歳)
『とにかく猫と遊んでゆっくり。午後から彼氏と出かけたりですかね。 普段の休日はまったりしてるけど、時々長期にお休みいただいて、海外にも行きます。 同じソープ勤務で仲良しの子がいるので、その子と二人旅行だから楽しいですよ。 来月はイタリアに行く予定です。』(ソープ22歳)
みなさん充実した休日を過ごしていますね。共通していたのは、休日にやりたいと思った ことはすぐできるという事。一生懸命働いてお金に余裕があるからこそ 我慢する必要がないんだそうです。なんだかうらやましいですね。

風俗嬢とキャバクラ嬢の違いは髪型にも

s1

風俗で働く女性は、キャバクラなどで働く女性とははっきり違う点があります。それは、水商売だからこうであろう、という先入観とは少し違うものです。 髪型です。 そういえばそうかもしれないな、という部分です。キャバクラなどで働く女性は髪型に気を使って、時にはものすごい盛り方をしている人、お店もあります。髪型を超越した、スカイツリーを模したようなものさえあります。 逆に、風俗で働く女性はおとなしい髪型が多いです。色は染めていても、手間のかかる髪型をしている人はすくないです。ロングの比率も低いかもしれません。 それは、風俗で働くということは、髪がぬれるということが前提になるからです。ピンサロなどはいちいちシャワーを浴びないので髪がぬれにくいということはありますが、でもお客さんのあれが髪についたりしたらすぐ洗わなければならず、洗って、乾かして、それからまたすごい盛り方の髪型なんてやっていられないからです。髪の長さがやや短かったり、アップにしていたりするのも同じ理由です。 女性の体にさわらないこと、ということから考えて髪型を作るキャバクラと、お客さんと、くんずほぐれつ、いろいろなことをしながら快楽を追求する風俗店という違いは、外見の違いに現れるようです。

 

理想の仕事、実はそれは風俗かも知れません

風俗の仕事。

これは働くのに勇気がいる仕事ではあります。
ですが、女性が求めている様々な希望を叶えてくれる実は理想的な仕事でもあるのです。

例えば、風俗の仕事を…